FC2ブログ




イタグレミルコ・パトとミルコ母の日常または非日常


プロフィール

ミルコ母

Author:ミルコ母
ミルコ:イタリアングレーハウンド
    2007.04.05生まれ
    シール  男の子
PATO:イタリアングレーハウンド
    2008.02.11生まれ
    フォーン 男の子



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



月別アーカイブ



5/6 長崎旅行2日目 軍艦島編
今日は軍艦島ツアー。午前中のツアーだから早めに起きて朝ごはん。
img_0401.jpg
アジの一夜干しがおいしいな。具合の悪いミルコ父は朝ごはんパスです。
こんなこと初めて。大丈夫かな。

だからと言って、軍艦島をパスするはずもなく、大波止ターミナルへ。
p5062985.jpg img_0402.jpg
窓口に誓約書を提出して、出船待ち。
軍艦島上陸ツアーは午前と午後の2回。大人4,000円+長崎市施設使用料300円です。

そもそも軍艦島とは…
正式名称、端島。1810年から石炭の採掘が始まり、
1890年に三菱の経営になると本格的に改定炭坑の操業が開始される。
人口が増えるに従い、日本発の鉄筋コンクリートの高層住宅が建設されるように。
最盛期は東京の人口密度の9倍までになったそう。
アパートが立ち並ぶ外観が軍艦に似ていたため、「軍艦島」と呼ばれる。
エネルギーが石炭から石油に移り、1974年には閉山。無人島に。(ガイドブックより)

p5062986.jpg p5062990.jpg
この船で行くよ。右側に乗るのがおススメ。     向かいは出島ワーフ。夜景がキレイらしい。

9時出発!肌寒いけど、具合悪いけど、2階の吹きっさらしの席に座ります。
p5062992.jpg p5062993.jpg
出港してからしばらくは、三菱の造船場が続きます。
p5062996.jpg p5063000.jpg
まさに造り中。テンションが上がってきた~
p5063004.jpg p5063008.jpg
女神大橋を越えると神ノ島教会。           わお!潜水艦!!!
p5063010.jpg p5063018.jpg
伊王島の沖ノ島天主堂。                さらに奥に高島。風力発電所。
これ全部右側に座ってないと見れません。寒いの我慢しててよかった~
p5063014-2.jpg
そうこうしてると、島の陰から見えてきた!
p5063029.jpg
軍艦島!明らかに島とは違うシルエットが異質な雰囲気をかもし出しています。
こうなるともう船は大興奮。席なんて関係なくなってます。
img_0406.jpg img_0408.jpg
みんなデジイチ構えて。                いよいよ上陸。
p5063040.jpg p5063042.jpg
神社                            重役のアパート。
p5063043.jpg img_0412.jpg
p5063085.jpg p5063089.jpg
p5063097.jpg p5063099.jpg
第3見学広場より。
p5063105.jpg
第1見学広場より。奥が小中学校。手前に続く柱たちはベルトコンベアー。

上陸はほんの一部。第1,2,3広場があり、そこでガイドさんが説明してくれます。
見れるのは風裏の炭坑場側のみ。居住区は全く入れません。
建物は爆破した訳ではなく、台風や波、風の自然の力でここまで壊れたそう。
40年近くでここまで壊れるんだ…こんな過酷な環境でよく人が暮らしていたもんだなぁ。
第2見学広場のコンクリートの堤防は毎年台風で壊れるそうです。

あっという間の上陸タイム。帰りは1階の船室から眺めます。もちろんここでも右側。
p5063120.jpg p5063112.jpg
行きと上陸で見れなかった居住区側をぐるっと回ります。木造の建物は跡形もない。

また同じルートで帰港。3時間のコースでした。
IMG_0880.jpg
証明書をもらって終了。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する