FC2ブログ




イタグレミルコ・パトとミルコ母の日常または非日常


プロフィール

ミルコ母

Author:ミルコ母
ミルコ:イタリアングレーハウンド
    2007.04.05生まれ
    シール  男の子
PATO:イタリアングレーハウンド
    2008.02.11生まれ
    フォーン 男の子



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



月別アーカイブ



4/6 シャマ家探訪
MM家に便乗してシャマル家見学ツアーの予定。まずは城南島で集合です。

P4064158.jpg
姉が来てました。チェリン、お久しぶり~

P4064163.jpg P4064212.jpg
さっそくミッドをカプっと。
P4064225.jpg P4064239.jpg
新芽がおいしいみたいです。             ルートくんもだいぶ大人っぽくなってきました。

ひとしきり遊んだんで、お待ちかねシャマル家に向かいましょう!
P4064245.jpg
ワクワク~。絶対ステキに決まってるよ~。
P4064248.jpg P4064254.jpg
うわぁ。やっぱりステキ・・・               しょう油さしを花瓶に。
P4064262.jpg P4064261.jpg
ステキなお家は余計なものがないですね。見習いたい~闖入者たちに戸惑うシャマル。

P4064250.jpg P4064252.jpg
ベランダにおそるおそる出るワンたち。        慣れたらさっそく遊びます。

P4064266.jpg P4064267.jpg P4064268.jpg P4064270.jpg
急にソファ争奪バトルロイヤル開始!        優勝者は・・・vito!

P4064277.jpg P4064278.jpg
バースディカードも全員分。              vitoくんは大人しいのでこんな写真が撮れます。
P4064284.jpg P4064286.jpg
記念写真。向いてくれない~             本日誕生日のお二人。vito & シャマル。

P4064288.jpg P4064289.jpg
ケーキ登場!!!                   おいしそう~ってみんな味見しちゃいました。
P4064290.jpg P4064293.jpg
早く~!                          まだ?
P4064297.jpg P4064312.jpg
人用ケーキみたい!                  おいし~

用賀倶楽部で夕食を。
P4064324.jpg P4064323.jpg
P4064326.jpg P4064327.jpg
P4064328.jpg P4064329.jpg
P4064330.jpg P4064331.jpg
P4064335.jpg P4064337.jpg
P4064336.jpg
おいしかった~楽しかった~

ワン話は「うちも!」っていうのと「え~!」っていうのといろいろあって楽しかったです。
個人的には長い間謎だったvitoくんの名前の由来がわかって大満足でした!
一日おつきあいいただいたシャマル家、MM家、alto&vito家 ありがとうございました~
スポンサーサイト





この記事に対するコメント
ありがとう!
こんばんは。
日曜日の楽しかった様子が、旨く写真でまとめられてますね!。ほぼ10時間ちかくご一緒させていただいたのも、あっという間に過ぎてしまいました。
ミルコ家さんにも面白いお土産をまでいただきありがとうございます。
また一緒に走って下さいね。
そしてみんなでまたどっかに遊びに行きましょう。ペンションなんかも行ってみたいです。
それではまたね!
【2008/04/10 20:11】 URL | Shamal家 #61zJVw6I[ 編集]

>Shamal家さんへ
日曜はありがとうござました。
あんな素敵なお家なのにミルコが粗相を致しまして、申し訳ございません!
BOSSがオーナーさんとイタグレとのカップリングが絶妙だと豪語してたのが本当だな~と最近わかってきました。
Shamal家にはシャマルくんがぴったりです!
また遊んでください~
【2008/04/10 22:59】 URL | ミルコ家 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック